Share Office

シェアオフィス活用で身軽に起業しよう

ガッツポーズ

起業にあこがれてはいるけれど、東京で開業するのに必要な資金額の大きさを考えると二の足を踏んでしまう。そんな人は少なくないでしょう。開業時に必要なお金のうちで、オフィスのレンタル料はかなりの負担になるはずです。しかも、一度契約して入居してしまうと、家賃というものは、契約期間中、有無を言わさず毎月必ず出て行くものです。売上がなかったので今月は払わず、売上が立った月にまとめて払うというわけにはいきません。
しかし、起業はタイミングもとても重要です。今起業しなかったら、同じアイデアで誰かが先に起業してしまうかもしれません。東京のオフィスレンタル料という高額の初期投資がネックになっているのなら、まずは東京都内のシェアオフィスを活用してみましょう。
起業したいビジネスの性質によっては、実はシェアオフィスで十分であり、個室を全く必要としないものもあります。何となく、起業するとなるとまず自分固有のオフィスを構えなければ…と漠然と考えているかもしれませんが、それはある意味固定観念と言ってもいいでしょう。「本当に」個室がなければ成り立たない事業なのか、シェアオフィスで事は足りるのか。立派なオフィスがあればビジネスが自動的に上手くいってくれるというものでもありません。よくよく検討してみましょう。

シェアオフィスを使えば身一つで独立できる

「独立開業」というのは、かっこいい響きがあります。人に雇われる立場を卒業して自分の知恵と腕で生きていくのですから、ワクワクしますよね。
独立開業の地として東京を選ぶ起業家はとても多いです。人が多く経済活動も活発で新規顧客もつかみやすいということで、他の土地より色々な点で有利なことは確かでしょう。しかし、もう一つ確かなことは、東京での開業にはとてもお金がかかるということです。特に、業務用物件を自宅外に確保するとなると、固定費の出費が相当な金額に上るでしょう。
これを解消する手段として、シェアオフィスというものがあります。シェアオフィスは、パソコン一つで仕事が完結するフリーランスの方を中心に、所謂士業の方や研修、セミナーの講師など、様々な方に活用されています。東京のシェアオフィスは都内のいたるところにあり、提供されているプランの内容も千差万別です。しかし、どこのシェアオフィスにも共通している点は、占有オフィスの賃料に比べるとレンタル料が破格の安さであること、そして、基本的なオフィス家具が予め揃えてあることです。占有オフィスをレンタルすると、家具類も自分で一から買い揃える必要がありますが、シェアオフィスならその心配はありません。まさに身一つで開業できるシェアオフィス、是非利用してみましょう。

テレワーク移行前にシェアオフィスでお試しを

「東京名物」の感さえある満員電車にもまれて、日夜通勤に費やす非生産的な時間と、従業員の無駄な疲弊を緩和すべく、テレワークの導入が叫ばれるようになって久しいです。しかし、いまだ十分に浸透しているとはいい難い状況です。何らかの事情でテレワークに踏み切るのが難しい場合は、まず都内のシェアオフィスをフルに活用してみてはいかがでしょう。
通勤というのは、仕事場を一か所にかためているために必要になります。東京はシェアオフィスが多い土地なので、そのメリットを生かすことを考えましょう。従業員が多く居住するエリア付近にシェアオフィスを借りて、多くの分室を設置するといいでしょう。シェアオフィスのレンタル料はたかが知れていますので、占有オフィスを新たに増やすよりもはるかに安上がりです。従業員の通勤が不要になれば、交通費を支給しなくて済みますので、その分のコスト削減も見込めます。
東京のラッシュアワーの電車と駅の混雑は、一向に軽減される兆しが見えません。座席を確保するためになるべく空いている時間に電車に乗ろうとする従業員も多いですが、起床から会社にたどり着くまでのその数時間は、いったい誰の役に立っているのでしょう。完全テレワーク導入前に通勤しない働き方を試してみるには、シェアオフィスを活用するのがお勧めです。


身軽にフットワークを軽くシェアオフィス東京でお仕事をしませんか?シェアオフィスならお金の費用も削減でき、起業を考えている方にはおすすめの方法です。

ピックアップ

更新情報